睡眠時無呼吸症候群


睡眠時無呼吸症候群とは・・・

 

  寝ている間の呼吸が止まってしまうことで、血液中の酸素の量が減ってしまい

  様々な臓器に支障を及ぼす状態のことです。

 

 定義は

 

 一晩7時間の睡眠中に30回以上の無呼吸(10秒以上の呼吸気流の停止)があり、

 そのいくつかはnon-REM期にも出現するもの。すなわち、無呼吸指数(AI)≧5。

 とされています。

 

  しかし、寝ている間のことなので気が付きにくいことも多くあります。

  そのため、疑わしい症状がある様でしたら検査することをおすすめしております。

 

  当院でもご自宅でできる検査をご用意しております。是非ご活用ください。