睡眠時無呼吸症候群


睡眠時無呼吸症候群とは・・・

 

  寝ている間の呼吸が止まってしまうことで、
  血液中の酸素の量が減ってしまい

  様々な臓器に支障を及ぼす状態のことです。

 

 定義は

 

 一晩7時間の睡眠中に
 30回以上の無呼吸(10秒以上の呼吸気流の停止)があり、

 そのいくつかはnon-REM期にも出現するもの。
 すなわち、無呼吸指数(AI)≧5。

 とされています。

 

  しかし、寝ている間のことなので
  気が付きにくいことも多くあります。

  

 そのため、疑わしい症状がある様でしたら
 検査することをおすすめしております。

 

  当院でもご自宅でできる
  検査をご用意しております。
  是非ご活用ください。

  

睡眠時無呼吸症候群の症状

 

 

  •   いびき
  •   日中の傾眠
  •   知性の低下
  •   性格の変化
  •   起床時の頭痛
  •   幻覚、自閉症
  •   呼吸困難(特に労作時)
  •   不眠症
  •   インポテンツ


  ⚪️眠っている時


  • いびきをかく
  • 息が止まる
  • 呼吸が乱れる
  • 息が苦しくて目がさめる
  • なんども目を覚まし、トイレに行く


  ⚪️日中起きている時


  • しばしば居眠りをする
  • 記憶力や集中力が低下する
  • 性欲がなくなる
  • 性格が変化する
  • 体を動かすときに息切れする        

    

 

 睡眠時無呼吸症候群の方は
 以下の疾患の確率が
 約2〜3倍になるといわれています。

 

 

  •  高血圧症
  •  虚血性心疾患。脳血管障害(心筋梗塞や脳梗塞) 
  •  糖尿病