鼻うがいのススメ

感染症対策として

インフルエンザウィルスや新型コロナウィルスは、飛沫・接触感染を主体としています。感染症対策として、手洗い・うがい・マスクはとても重要になっております。ウィルス感染にとって重要な上咽頭は、普通のうがいでは洗浄しにく場所でもあります。鼻うがいは上咽頭も洗浄できますので、より効果的に感染症対策ができると思われます。

私も、帰宅すると入浴しながら鼻うがいをしています。今までは冬季だけでしたが、今年はコロナウィルスのこともあり体調に合わせてちょくちょく洗っています。


色々な目的に

感染症対策だけでなく、色々な目的に鼻うがいが使用できます。

私が耳鼻科医になった20年前ごろは、主に副鼻腔炎の術後に行っていました。それから、鼻うがいの専用の道具が色々と発売され、今では副鼻腔炎だけでなくアレルギー性鼻炎や後鼻漏などにも使われるようになりました。また、妊婦さんや授乳婦さんで内服が難しい状況でも鼻うがいは可能でsので症状軽減のために勧めることもあります。


お子様にも

鼻うがいは大人だけでなく、お子様も効果的です。

特に、スギ花粉症の時期や冬季など鼻症状が強くなるときはお勧めです。なかなかうまくできない事ともありますが、できると快適な日常や感染症対策に効果的と思われます。私の家では、幼稚園の頃から鼻症状強いときは鼻うがいをしておりました。幸いにも嫌がらずにやってくれたので、今では鼻詰まりでしんどい時は鼻うがいをしてスッキリしております。


当院では鼻うがいの器具として、ハナクリーンやサイナスクリーンをお勧めしております。