―耳鼻咽喉科からのお知らせとお願い―

 

日本耳鼻咽喉科学会のページはこちら

 

 

新型コロナウイルスの感染が世界中に流行し、日本においても大都市を中心に急速に広がっています。

新型コロナウイルス感染症は、発熱やせき・たん、のどの痛み、

体のだるさが主な症状ですが、嗅覚(におい)や味覚(あじ)も低下

することが分かり、新聞やニュースで報道されています。

現在では、新型コロナウィルス感染症の初期症状として半数以上の症例で急性の嗅覚・味覚障害を起こす事がわかっております。

しかし、嗅覚や味覚の障害はインフルエンザや一般の「かぜ」でも

生じることがあり、必ずしも新型コロナウイルスだけが原因ではありません。

そして現状、嗅覚・味覚障害だけでPCR検査を行うことは現実的ではないとされております。症状が続く場合や他の症状がある場合、受診すべきかどうかわからない場合は、診療時間内に当院LINE公式アカウントか電話でお問い合わせください。

 

 

新型コロナウイルス感染症における対応と注意事項をまとめましたので参考にしていただけますよう、お願いいたします。

 なお、この知らせは診断や治療の進歩によって、変わることがあります。